ウィッグの毛質

キャバ嬢 盛り髪ウィッグの毛質には大きく分けて人毛とそうでないものがあります。

人毛のウィッグは主に医療用に使用されるので、おしゃれ目的で販売されているものもありますが比較的高額となっています。人毛のウィッグの場合、基本的には地毛と同じようにスタイリングを楽しむことができます。

ですが、生きている毛ではないので、シャンプーやリンスなどはシリコン入りを使ってあげないとぱさぱさになってしまいます。オイルなどでつやだしをすると長持ちするようです。もちろんコテも使用することができます。人毛でないウィッグには、耐熱のものとそうでないものがあります。耐熱のウィッグなら、コテを使用することができますが、耐熱でないものは使用したらもちろんチリチリになってしまう可能性があります。

最近ではほとんどのウィッグに耐熱加工が施されているのであまり心配はいりませんが、人毛ほどうまくカールがつかないのが特徴です。耐熱ウィッグでうまく巻くコツは、少量ずつ丁寧に巻くことです。カールが定着するまで少し時間を置いたほうがカールの持ちが良くなります。わざわざ自分で巻くのが面倒くさいという方には、カールが最初からついたタイプのウィッグもあるので、そちらを使うというのも手かもしれません。